院長ブログ
ホーム > 院長ブログ一覧 > 第5回大阪大学大学院 消化器外科連携セミナー

院長ブログ

2014年09月30日

第5回大阪大学大学院 消化器外科連携セミナー

 

s_005

瀧口修司先生と

s_003

 

 

s_001

竹政伊知朗先生と

平成26年9月20日セントレジスホテルで開催された第5回大阪大学大学院 消化器外科連携セミナーに参加いたしました。

胃癌、大腸癌の最新手術機器の「ダヴィンチ」を用いたロボット手術のvideo映像を拝見しました。

現在のがん手術で最も進化した手術ロボットダヴィンチを使った素晴らしい手術を見ることができました。ロボットといっても人間ー外科医が遠隔操作(液晶パネルをみながらパソコン操作のように)します。画像は最新の3D技術の画面で、例のメガネをかけて見ます。

映画のように大迫力、つまり微細なものも大きくクリアにそしてリアルに見え、これまでの手術技術を大きく超える、画期的に進化した手術です。正確に切除範囲を同定し、むだなく、かつ十分にがん病巣を切り取ります。おなかのキズも小さく患者さんにとっての負担もきわめて軽いものです。

おそらく、ワールドクラス、世界トップレベルの手術です。

この先進的手術の執刀医が、胃がんは瀧口修司先生、大腸がんは竹政伊知朗先生です。お二人とも20年以上前からの友人ですが人間的にも素晴らしく、謙虚で、向上心にあふれこれからの日本のがん医療をリードしていく存在です。いつもがん治療についてご指導いただいていますし、当院の患者さんもよく手術をしていただいております。

どの患者さんも「ていねいにみてくれた。」、「しんどくなかった。」、「キズもも痛くない。」などご好評いただいております。

他の大阪大学の先生方とも意見交換をしたり、またいろいろな病院、医院で内視鏡診療、がん診療をされている先生方からも数多くご指導いただきました。

一開業医ですが、最新、最高のがん診療に接し、学びながらさらに向上していきたいと思います。

 

 

 

 

 

一覧へ戻る
検査予約、お問い合わせはお気軽に

カテゴリ

アーカイブ

医院案内

TEL:06-4867-1923
〒561-0832
大阪府豊中市庄内西町2-22-8
しま善ビル2F

阪急庄内駅 (西出口)より 徒歩1分

マップはこちら
がん治療について 漢方

実績

胃内視鏡・大腸内視鏡・腹部超音波の検査実績

検査実績

院長ブログ

院長ブログ

クリニックの様子や院長の医療に対する思いを掲載しています。

院長ブログはこちら

よくある質問

よくある質問

患者様からご質問が多い質問事項を一覧で掲載しています。

よくある質問
Facebook
ページトップへ戻る