受付
時間
月火木金午前 8:30-12:00 / 午後 2:00-5:30
水土午前 8:30-12:00
TEL:06-4867-1923
がん免疫細胞治療専用ダイヤル
06-4867-1925
TEL:06-4867-1923
がん免疫細胞治療
TEL:06-4867-1925

がん免疫細胞治療

がんの治療には手術、化学療法、放射線治療と標準治療は数多くあります。さらに最近では免疫治療も脚光を浴びています。

など標準的ながん治療には様々な困難があります。
ご自身が普通に生活できるくらい元気であっても、主治医から緩和医療をすすめられることもめずらしくありません。なんの治療も挑戦せず、じっとしているだけで納得されない方も多いのではないでしょうか。当クリニックでは保険診療にはない「がんに対する効果を期待できる治療法」を提供しています。
まず、だれでもチャレンジ可能な「できる、がん治療」を始めてみませんか。

*以下のがん治療、検査はすべて自費診療です。

患者さんと共に考える医療づくり

テーラーメイド型

  • がんは患者さんごとに病状や特徴が異なる病気です。最大限に患者さんの状態を考慮し、最適な治療方針を組み立てる
  • 免疫細胞療法を核に置いた多方面からの複合的治療を患者さんそれぞれの症状や条件に合わせて組み合わせることで、高い効果を上げることができます。
  • 患者さんの治療予算に合わせて効果的な治療方針を選択できるプランニングをします。

進行がんとの共存を目指す

昨今のがん治療は、副作用が少なく、高い生活の質(QOL)を保ちながら生活を続ける共存の考え方が主流となってきています。
免疫細胞療法は、副作用が少なく、高いQOLを維持できる、がんという病気と共存していくことを目指せる治療法です。

連携医療

連携病院とのネットワークをつくり、遺伝子療法、漢方、放射線治療など.の効果的な治療の組み合わせを積極的に行って治療効果を上げていきます。

リーズナブルな治療費の実現に向けて

自由診療としての免疫細胞療法は健康保険が適用されないために、高額な治療費となってしまいます。
安全性を損なわずコストを最低限に抑え、品質の確保を担保した細胞医療をリーズナブルな治療費で提供し、誰もが受けられる治療を目指しこの治療法の普及を加速させることを目標にしています。

いろいろながん治療

一般的な標準治療として、外科手術、放射線療法、化学療法の『三大療法』と呼ばれるものがあります。
そして現在、『第四のがん治療』として期待を集めているのが、免疫細胞療法です。
がんに対する免疫細胞療法は、ここ10年で飛躍的にその認知度も高まりがん治療の一翼を担うまでになってきました。
がんとの共存=長期不変の状態の維持、高いQOL(生活の質)などが、がん医療の現場、特に患者さん方から強く求められるようになってきています。そして、そのために必要不可欠なものが、自己の免疫系を活用した治療です。新薬の多くにもこの免疫系の働きを利用したものが多く登場してきています。

日本における免疫細胞療法

日本における免疫細胞の培養、加工の技術は、世界的にみてもトップレベルです。さらにいえば、臨床応用の経験も例をみないほど多いのが現状です。現在、免疫細胞の培養・加工は、注目を集めるiPS細胞に代表される再生医療と同様に次世代の先端的事業として、厚生労働省が進める第三種再生医療等に含まれるものです。腫瘍免疫学の進歩は、日々めざましいものがあり、研究室での成果をいち早く、臨床の現場に届けることが私たちの使命の一つとなっています。

新薬の候補が見つかり、治験をへて標準治療の新薬としてがん患者さんの手もとに届くのに、平均して20年以上の歳月と莫大な費用がかかります。免疫細胞療法が近い将来健康保険適用になるためには高いハードルを越えなくてはならないと言わざるを得ません。
わたしたちは患者さんの経済的負担を少しでも軽減したいと考え、効果が認められる高度で安全性の高い細胞加工技術を維持した免疫細胞治療をリーズナブルに提供する努力と健康保険の適用を目指す運動への取り組みを行っています。

免疫細胞療法とは

『患者さんご自身の免疫細胞を活性化させる』

わたしたちの体内では、健康な人でも常にがん細胞が発生していると考えられています。しかし、がん細胞を攻撃する免疫※1細胞も存在しているため、すぐにはがんにはなりません。様々な理由でがん細胞と免疫細胞のバランスが崩れ、がん細胞の増殖が上回ったときにがんという病気になります。そこで、免疫細胞を人為的に増殖し、その働きを強化することでがん細胞を抑え込もうというのが、がん免疫細胞療法です。
患者さんご自身の血液から免疫細胞を取り出し、数を大量に増やし、攻撃する働きを強化して患者さんの体に戻します。つまり、“自分で治ろうとする力”を活用するという方法です。

『副作用がほとんどない』

患者さんご自身の細胞を用いるため、副作用はほとんどありません。まれに発熱やアレルギー症状がみられる程度で、生活の質(Quality of Life : QOL)を維持しながら治療を受けることができます。
抗がん剤や放射線療法との併用で相乗効果が期待できます。

※1免疫とは

「自分と違う異物」を攻撃し、排除しようとする人間の体の防御システム。たとえば、ウイルスや細菌など病気の原因になる微生物(=病原体)が体内に侵入したとき、体は「自分とは違うものが入り込んだ」と判断し、排除しようとします。

免疫細胞療法の種類

がん免疫細胞療法は、細胞工学や分子免疫学など最先端の科学に基づいた先進的な治療です。血液中には免疫にかかわるさまざまな細胞が含まれており、それぞれがんに対する働きや役割が異なります。また、一人ひとり顔が違うように、がん細胞もさまざまな個性を持っています。
免疫細胞療法はその個性に合わせ、個々の患者さんに適した「個別化医療」として行うことが可能です。
がん免疫細胞療法は大きく、活性化自己リンパ球療法αβT細胞療法=CD3-LAK療法及びNK細胞療法)と樹状細胞ワクチン療法とに分けられます。 
これらの免疫治療細胞作製の技術提携、業務委託を株式会社バイオアクセル社(京都大学桂ベンチャープラザ内)と結びました。

活性化自己リンパ球療法

患者さんから採取した血液からリンパ球やNK細胞を分離し、活性化・増殖させ、体内に戻すことでがん細胞を攻撃させる治療法です。
主に、αβ(アルファベータ)型のTリンパ球を活性化させることを基本としています。がんに対抗する免疫細胞にもいくつか種類があり、患者さんの症状やがんの性質によって活性化させる細胞を使い分ける場合もあります。
NK細胞やγδ(ガンマデルタ)T細胞などを主に活性化させる場合、NK細胞療法、γδT細胞療法という呼び名で呼ばれます。

① αβT細胞療法(CD3-LAK療法)

患者さんから試験管3本程度の血液をお預かりし、その中からTリンパ球を分離し、体外で2週間程度培養、強力に活性化させ数十億個以上に増やし患者さんの体内に戻すことでがんの成長を抑制していく治療です。

② 活性化自己NK細胞療法

患者さんの血液中からNK細胞のみを活性化、増殖させたものを体内に戻す治療法です。NK細胞自体は抗原特異性が無く、直接目的箇所へ向かうことができ他の免疫細胞と比べても柔軟にがん細胞を攻撃することができます。

◆NK細胞の特徴

αβ(アルファベータ)型のTリンパ球を活性化させることを基本とする活性化自己リンパ球療法に加え、選択的にNK細胞を増殖させる技術が利用できるようになりました。
これまでは、NK細胞を増殖させても染色体に異常が生じ、安心して利用できる技術は確立できていませんでしたが、バイオアクセル社が採用した新たなNK細胞の培養法は、このような問題点を解消した安心できる技術です。

αβ(アルファベータ)型 Tリンパ球はHLAクラスI が発現しているがん細胞を標的とするのに対し、NK細胞はHLAクラスI の発現が低下・消失したがん細胞を標的に傷害性を示します。細胞は強度なストレスにさらされると、その細胞表面上にMICA等のストレス誘導性のタンパク(群)を提示するようになります。がん細胞表面にはこのMICA等のストレス誘導性のタンパク質が大量に発現してきます。
NK細胞はMICAを認識できるNKG2Dとよばれる細胞表面の活性化受容体をもっており、これらが結合することでがん細胞を殺傷する機構を兼ね備えています。

患者さん個々のがんの中にはHLAクラスI 陽性・陰性の両タイプのがん細胞が混在している場合もあり、これら二種類の活性化細胞を患者さんに合わせて選択できるようになったことは、治療効果増強につながるものと考えられます。
またNK細胞は、抗体医薬でがん細胞が傷害される機構である、ADCC(抗体依存性細胞傷害)を担う中心の細胞であり、製薬企業が開発を進める抗体医薬との相乗効果が期待されています。

樹状細胞ワクチン療法(細胞性免疫誘導型)

樹状細胞は、免疫を担当する細胞の中で「抗原提示」と呼ばれ、がんの目印(抗原)を他の細胞に伝える司令塔の役割を果たす重要な細胞です。この樹状細胞を活用しがん細胞のみ攻撃する免疫細胞(CTL)を増幅させる治療法です。

樹状細胞(Dendritic Cell=DC)とは、体内でがん細胞を直接攻撃するTリンパ球に、がんの目印(がん抗原)を教え、攻撃の指示を与える免疫細胞です。
樹状細胞にがん細胞のタンパク質が取り込まれる と、それが細胞内で分解され、患者さんのがんの情報(抗原)として樹状細胞に記憶されます。すると樹状細胞は記憶した抗原を表面に目印として出します。それを患者さんの体内に戻すことで、「目印」を頼りにがん細胞だけを集中的に攻撃するTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球:CTL)を効率よく誘導することができるのです。
こうしたがん攻撃の「司令塔」ともいえる樹状細胞を用いて、がんをより効率的に攻撃することを目的とする治療法を、樹状細胞ワクチン療法(DCワクチン療法)といいます。

この治療に私たちの新技術を付加、より効率を高めます。

新技術のアジュバントを付加することにより、抗原を取り込ませただけの従来型の抗原提示細胞に比して、がん抗原特異的なTh1細胞(CD4+細胞)を優位に活性化させることが可能となります。その結果、CTLを強力に誘導できるだけでなく、がん細胞がつくりだす免疫抑制の一端を同時に解除する効果が期待できます。

株式会社バイオアクセル社(当院提携施設)高度な細胞加工技術と高い安全性を確保した細胞加工施設
京都大学桂キャンパスベンチャープラザ 

高度で安全性の高い培養技術を基礎に置いた細胞医療を提供します

・CPC(Cell Processing Center)は、クラス10,000(作業区域内はクラス100・ISOクラス5)のクリーン度を常時保てるよう24時間体制のコンピュータシステム管理
・ダブルチェック体制で安全性を重視
・培養細胞に対する、エンドトキシンやマイコプラズマ等の検査を自社で行える体制

最新で最良をめざす -基礎研究の重視-

日々進歩を続ける免疫細胞療法のために基礎研究は欠かせないと考えます。世界で初めて民間で免疫細胞療法を提供した研究チームが、よりハイレベルの免疫細胞療法を可能な限り早く、安全に患者さんのもとへ届けます。

費用について

当院の免疫細胞治療は公的な健康保険が適用されない自由診療となります。

初診料 ¥9,800
再診料 ¥3,000
❶ αβT細胞療法 1回分 ¥250,000×実施回数(1クール 6回  ¥1,500,000)
❷ NK細胞療法 1回分 ¥290,000×実施回数(1クール 6回  ¥1,740,000)
❸ 樹状細胞療法 1回分 ¥350,000×実施回数(1クール 6回  ¥2,100,000)

1、1クール6回、状況により追加の治療を行う場合があります。
2、1回採血毎にお支払いいただきます。1クールの途中で治療を中止することができます。
3、お支払い方法は、指定の銀行口座にお振込いただきます。

上記以外に検査費用が必要となります。

免疫細胞治療 受診の流れ

  • 1クリニックへのお問い合わせ

    お電話:06-4867-1925
    診察時間内にお電話お願いいたします。

    メールフォームからのお問い合わせ(24hいつでも)
    こちらからお願いいたします。

  • 2医師と初診相談

    現在の治療状況やお困りのことをおうかがいし、免疫治療などの診療方針をご説明いたします。
    約30分お時間をいただきます。費用はかかりません。(無料相談です。)
    なお、ご来院が無理な方は、ZOOMによるオンライン相談も可能です。
    遠方の方などぜひご利用ください。

  • 3治療前採血

    細胞治療に用いる採血を行います。 
    約20〜80cc採血します。

  • 4上記血液を加工、培養します。

    平均約2週間です。

  • 5免疫機能検査

    上記で採血した血液でT細胞やNK細胞の数などを調べ、現在の免疫力を評価します。

  • 6治療開始

    ご自身の血液より作製した免疫細胞を点滴します。
    お時間は約30分ほどです。このとき、次回治療用の採血も同時に行います。

  • 7治療と治療の間には、各がんの種類に応じたQolity of lifeの維持のサポートをお手伝いします。

  • 8治療終了

    治療の回数は5〜10回を一区切りとして、腫瘍マーカー、画像診断、症状などで効果の評価をします。
    引き続き同治療を継続する場合や他の免疫治療をトライする場合があります。

高濃度ビタミンC療法

アメリカ合衆国ではビタミンCが癌治療として使われています。
1973年ライナス・ポーリング博士が「ビタミンCはがんの治療に効果がある。」と発表して以来、ビタミンCはがん治療のひとつとして認知されています。

(Cameron, E., and Pauling, L. Ascorbic acid and the glycosaminoglycans. An orthomolecular approach to cancer and other diseases. Oncology 27, 1973 181–192. )

さらに2005年にアメリカ国立衛生研究所(National Institute of Hearth: NIH)の「ビタミンCの殺癌細胞効果」の発表を受け、癌治療としてのビタミンCの研究が進められています。

(Chen Q, Levine M. Pharmacologic ascorbic acid concentrations selectively kill cancer cells: action as a pro-drug to deliver hydrogen peroxide to tissues. 米国科学アカデミー紀要 2005 Sep 20;102(38):13604-9

日本国内での研究

日本国内でも多くの医療機関でもがん治療薬として使用されていますが、東海大学医学部血液・腫瘍内科と三番町ごきげんクリニック澤登雅一先生の共同研究により高濃度ビタミンCの抗腫瘍効果が発表されています。
(ヒトの白血病細胞で高濃度ビタミンCが血管新生を抑える働きをもち、そのことによって白血病細胞の増殖を抑制することが解明されました。英国の科学誌「PLOS ONE」に2013年4月23日に掲載されました)

なぜビタミンCは癌細胞を殺すのか?

ビタミンCの血中濃度が高まると、血管外で過酸化水素(H2O2)を大量に産生します。これが癌細胞に作用し癌細胞を殺すのです。正常細胞は過酸化水素を中和するので影響を受けません。

期待できる効果は?

副作用について》

血管痛

点滴中に血管に針を指した部位から血管にそって痛みが出ることがあります。

G6PD欠損症

G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方は赤血球が壊れてしまい、溶血性貧血を起こすため、ビタミンC25g以上の点滴はできません。治療開始時にG6PDの酵素活性を測る検査が必要です。

高濃度ビタミンC治療が困難な方

インスリン注射をしている糖尿病患者さんには、高濃度ビタミンC治療はできません。
高濃度ビタミンC治療後、簡易血糖測定器で測る血糖値が見かけ上高値になりますが、実際は低血糖となり血糖管理が難しく上記治療中の患者さんにはビタミンC治療は困難です。
心不全、腎不全、腹水、胸水のある方はこの治療を受けることはできません。

実際の治療

血中濃度を確認しながら、抗腫瘍効果を強力に発揮する400mg/dLをめざします。
病状、全身状態により投与方法は異なります。

  1. 初診

    G6PD、血中ビタミンC濃度および肝機能、腎機能を血液検査で調べます。
    1回目はビタミンC 12.5gを点滴します。

  2. 2回目〜

    ビタミンC2 25g点滴します。

  3. 3回目〜3ヶ月まで

    ビタミンCの血中濃度をみながら、
    週に2〜3回、1回に25〜75g点滴します。

  4. 4ヶ月〜

    週に1〜2回、1回に25〜50g

  5. 内容 価格(税別・円)
    初回のみ G6PD異常症スクリーニング検査 8,000
    高濃度ビタミンC点滴 12.5g 12,000
    25g 15,000
    37.5g 22,000
    50g 28,000
    ビタミンC血中濃度測定 5,000

    点滴時間のめやす

    12.5g 30分
    25g 60分

    遺伝子治療

    詳しくはクリニックまでお問合せ下さい。